技術士 総合技術監理部門 5つの管理技術

02総合技術監理部門

5つの管理技術

「青本」や「キーワード集」では、総監の骨格となる技術は「5つの管理技術」であると述べられています。この「5つの管理技術」について簡単に説明します。

経済性管理

 人・モノ・カネなどの生産手段、そして工程、品質。いわゆる「QCD」についての管理技術です。土木 工事における管理項目でも、品質管理と工程管理は重要です。工事を含む「生産」を効率的にかつ品質を確保して行うための技術になります。生産計画や工程管理、品質管理手法、財務会計に及ぶ広範囲な技術となります。

人的資源管理

 生産活動に携わる「人」の能力と「意欲」の向上に関する管理技術です。雇用に関する法令(労働関係法)も含まれるため、これまた広範囲な技術になります。

情報管理

 監理者が意思決定に必要な情報を「いかに集めて」「いかに管理して」「いかに伝達するか」などの管理技術です。ICTや、知的財産や情報の保護、知の管理(ナレッジマネジメント)も含まれます。関係法令も含みます。

安全管理

 生産活動、業務に携わる組織内部従事者の安全に関する管理、リスクマネジメント、第三者被害の防止 に関する管理技術です。関係法令も含みます。

社会環境管理

 生産活動、業務に伴う外部環境負荷(汚染物質やCO2などの温暖化ガス)の軽減を行うための管理技術です。環境アセスメントやCSR、地球環境問題とその国際的な取り組みなども範疇に入ります。最近では「SDGs」も含まれるのではないでしょうか。環境関係法令も含みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました